座禅で悟り―オンライン神戸大阪京都静岡東京

坐禅修行で悟る―悟りを開いた人は現代にもいます 僧侶だけでなく一般人にも多いのです 本当の坐禅によって自己の真相が得られことを正師たちは教えておられます

座禅で悟り―オンライン神戸大阪京都静岡東京 イメージ画像

坐禅会案内 / アクセス

長井自然老師の仏子庵・摂心会差定(スケジュール) &Schedules of Zen Retreats

摂心会:摂心とは、道場に泊まり込み一日中坐禅功夫だけに打ち込む修行期間 昔から、摂心という坐禅修行を通じて、悟る人や修行が進む人が多し

【日 程】毎月15日~21日 (7月8月以外は7日間)  2018年は7月も8月も4日間摂心あり

201911接心日程変更




他、12月の臘八大接心 (ろうはつだいせっしん) のあと、断臂摂心(だんぴせっしん)が、行われます

通常、断臂摂心とは12月9日ですが、仏子庵ぶしあんでは、12月の摂心21日の大開静(だいかいじょう 摂心の終わり) に引き続いて行われます 詳細はお問い合わせください


※断臂 とは、二祖慧可大師は達磨大師に入門する時、自分の決意を示すために、自分で腕を臂(ひじ)のところから切り落として捧げたという故事に由来する それほどの決意を持って、臘八接心の終わったあとも、摂心を続行するその摂心を断臂摂心(だんぴせっしん)と呼ぶ
臨済宗では行われない



【場 所】 安穏寺国際参禅道場 埼玉県入間市牛沢町15-12  仏子庵(ぶしあん) も同じ場所の名称
Google Mapでは、「安穏寺國際参禅道場」と表示されています ただし、牛沢町15-12とナビなどに入れると、北隣の本堂に案内されてしまい、それが本堂にはどう見ても見えないし、初めての人は戸惑います。

よって、牛沢町15-12ではなくて、安穏寺国際参禅道場 と入れてください。このページ一番下の地図2つをよくご覧ください。もしくは、牛沢町15-3 と入れれば隣の一軒行き過ぎの民家になりますので、15-12で検索するより正確な位置に案内されます。
 
写真入りの道案内は、図解:安穏寺国際参禅道場へ行く をご覧ください。


【問い合わせと申し込み】 電話 042-965-9177 携帯 080-5466-4989(固定電話に繋がらない時)

◇    ◆    ◇    ◆    ◇    

摂心の間は、一日3食摂り(希望で食事をどこか抜くことも可能です 事前に申請します)、睡眠時間も適切な量を取ります(眠いと坐禅になりません)。
夏は涼しく冬は温かい環境で修行に励むので、決して苦行ではありません ただし、経済的な理由から夏はやはりとても暑いし、冬はとても寒いのが現状です

入浴も7日間の間なし 通常四九日(しくにち)と言って、4の日と9の日の5日毎にひげを剃り、頭を剃る修行僧も、摂心期間中はひげや髪の毛は剃りません


人の修行の邪魔になるので人に話しかけていはいけません   zazenmonks2_FotoSketcher_FotoSketcher
(人がどれだけ心境が進んでいるか分かりませんので)

自己紹介も摂心終了まで不要です
もちろん、修行者同士つるんで無駄話などはしません 議論も修行の妨げとなります

大体は、摂心だけでお会いするので、複数回になると親近感も湧くこともあり、近況報告したい気持ちにもなります 
しかし、親睦を深めたりすることは摂心中はやりません 黙礼する程度でOKです
失礼になりません

お互いが諸縁を放捨して修行に専念する場であることを知っているからです

1回しかない人間の命を得て、仏法にも出会って、しかも摂心という稀な機会に参加したからです

---------------------

自分自身の修行に専念するため、他人のことは一切気遣いません

(たとえば、老師のお話・質疑応答の時間に、お茶が回って来ても、人のはつぐ必要がないです
人のお茶が減っていることを気にかける必要はないです
それより提唱や質疑応答のお話に注意を注いでください


だれかが大人数のお茶をお盆に乗せて持って来たら、座席に居る修行者が、自分のお茶碗を取ってあげないといけないです 置いてくれるのを待っていてはいけないのです

もし、旅館に泊まっているんだったら、仲居さんが食卓に置いてくれるのを待っていてもよいですが(こちらはお客さんだから)、
道場では、自分のお茶碗をみずから取ってあげます

お菓子のように回してもこぼす恐れのないものは、お盆ごと受け取って、自分の分だけ取ったら、横に回します 要らないなら取らずにすぐに横に回します 


それは、何故かと言うと、修行者は全員平等だからです 自分はお客さんではないからです 古株であろうが新参であろうが、平等です 自分はお茶を置いてもらうほど、ついでもらう程、偉くないという気があるので、そのようにします 自分が古参 (こさん=ベテラン) だからと言って、人にお茶をいつも淹れてもらっていてはいけません)


摂心中は、日常の「おはようございます」などの挨拶不要です 
目を合わせない 他の修行者の顔を見ることも不要です

昔のことになりますが、よその宗派公認専門僧堂で修行中の話ですが、摂心中に先輩・雲水の目を見たらひどく叱られました 普段可愛がっていただいた方でしたが それ以前にもそれ以後にも見たことのないほど、とても坐禅に打ち込んでおられる雲水でした (今は一寺の住職です)

道元禅師や良寛禅師、義衍老師は修行中、安居中(最低90日間)に隣の単の人の顔を見たことがなかったと言われています だから誰が隣の人かずっと知らないのです

(やってみれば誰でも、7日間くらいは簡単にできます [摂心終了後にはじめて顔を見ると面白いことが分かります] が、だからと言って修行ができていることとは別でございます)

坐禅に徹しているということです

落ち込んでいるなと思って、その人に話しかけるのも要らないことです(人は落ち込んだ時の方が修行が伸びます なので、人の飛躍の機会の邪魔をしません)
休息中に隣に人が来ても話しかけてはいけません。

腰が痛そうと人のマッサージをしたりしてはいけません 善い人、親切な人にならないのです

それよりも、
摂心に来ても何も変わらない自分のことを心配したほうが良いです かつての自分のことを言っています
自分の経験からしても、何回も摂心に通っていればそのうちなんとかなるということはないです

摂心期間中は、家にひどい病気の人やおさなごを残して来ているとかどうしても摂心中に部下の仕事をチェックしないといけない、自営業などで定期的にメールチェックが必要(見なかったら摂心後に大変なことになる)など以外は、ネットやメールも見ません

メールやラインがどうしても気になるというのでは、摂心に参加していながら、少しも坐禅ができていないということになります
昼休みや就寝前のことも含めて言っています

家族からの緊急の連絡は、開催寺院の電話番号を伝えておき、そちらに電話をもらうようにします。それなら、緊急の連絡が伝わります。

 
文字も読みません(師の語録や仏典でも読んではいけないです) 一日中坐禅功夫だけに打ち込む修行期間が摂心会です

「皆さん、鳥だって卵をかえす時は21日間気をそらしませんよ。たった7日間ひとつの事に打ち込めないのですかね」―井上貫道老師 ある摂心にて


来月は摂心に参加できなくなる事情が起こっているかも知れません 

同僚が退社したので、会社が休みをくれないかもしれません
仕事が急に立て込むかもしれません 
親が倒れて当分介護をしなくてはならないかもしれません (もちろん自宅では坐禅できますが)
自分の命がないかもしれません





最後に、
浜松の龍泉寺現住職の井上哲秀老師が中学生の頃、龍泉寺にやって来ていた長井自然老師(22歳くらい年上)が、時々遊びに連れ出されたそうですが、その井上哲秀老師(この方も悟られている)が、ある摂心の時に言われたことば:
「毎回、毎回、何年も摂心に来るというのは恥ずかしいことなんです 早く修行を終わって、お寺には遊びに来るようになってください」

この方、涼しい顔をして厳しいことを言われます。



【日 程】毎月15日~21日 (7月8月以外は7日間)  2018年は7月も8月も4日間摂心あり
他、12月の臘八接心 (ろうはつせっしん) のあと、断臂摂心(だんぴせっしん)が、ある場合があります
通常、断臂摂心とは12月9日ですが、21日の大開静(だいかいじょう 摂心の終わり) に引き続いて行われます 詳細はお問い合わせください


【場 所】 安穏寺 (あんのんじ) 国際禅堂 埼玉県入間市牛沢町15-12  仏子庵(ぶしあん) も同じ場所の名称
ただし、スマホなどでGoogle Mapを見ながら駅から行かれる時は、行き先を、牛沢町15-12ではなくて、
「安穏国際参禅道場」と入れて下さい。
もしくは、牛沢町15-3 と入れれば隣の一軒だけ行き過ぎの民家になりますので、牛沢町15-12で検索するより正確な位置に案内されます。
さもないと別の本堂に案内されてしまいます

【問い合わせと申し込み】 電話 042-965-9177 携帯 080-5466-4989(固定電話に繋がらない時)

【差 定】
4:30 振鈴(しんれい 起床) 寝具を片付け歯磨き・洗面 慌てなくても充分間に合います
5:00 ~坐禅(止静) 2炷ちゅう 炷 とは長尺の線香1本が燃え尽きる時間 これで(止静しじょう) の時間を計測した
6:30 粥座 しゅくざ (おかゆの朝食)
終わって作務
8:00頃 茶話・質疑
9:00~4炷
12:00 斎座 さいざ (中食 ちゅうじき とも=昼食)
14:00 坐禅 4炷 
17:00 薬石 やくせき  (夕食 斎座の残り物)
17:30 茶話・質疑
18:30 坐禅 2~3炷
21:00 放禅 寝具を展べ、歯磨き洗面など就寝準備
22:00 消灯

摂心に参加されている僧侶数人がリードして、
僧堂のように、粛々と摂心が行じられています。
他宗の僧侶も、在家の方も参禅可能です。年齢性別不問ですが、男性の方におすすめの道場です。

老師がバイリンガルなので、日本語・英語で参禅できます。

annonjikokusaisanzendojo

【受 付】ネットによる申し込みはありません。
到着後、名簿に記入し、また、別の食事表に氏名を記入し、必要な食事の所に◯印をお書き下さい(典座が食事を何人分用意するかをカウントするためです)


【その他】
謝礼の額などについては、お問い合わせ下さい。
男性にはおすすめの道場です。



摂心以外の時も、毎日 坐禅可   老師留守の時もありますので、ご確認下さい。 摂心会では、最近はかなりの大人数で、輪が2周になる場合もあるという
摂心では、数名の僧侶がリードして規矩に従って運営されている。

この時、自然老師自ら典座(てんぞ=台所係り)をされる。この禅堂は365日開放されていて、摂心の時期以外でもいつでも坐禅が可能。

安穏寺に檀家はない テレビ・新聞やネット環境はない基本的に、安穏寺には、自然老師と徹真和尚の二人が常駐していて、他に修行僧が掛錫(かしゃく)している場合がある。 またいつも誰か参禅者が居ること多し。

専門僧堂ではないので、何年安居しても、住職資格獲得はできないし、宗門内での出世昇進の役には立たない
「永平寺で何年間修行して来た」というと、檀家さんには、どえらい厳しい所で修行なさった偉い住職だと将来尊敬をされるかもしれませんが、ここで修行しても、「どこそれっ?」という道場でございます。

ただ寝具などが全く洗濯されていないので、女性にはおすすめのお寺ではありません。

老師は英語を自在に話すことができる 英語で話されているyoutube動画も数個ある 永平寺などからも外国人修行者の紹介があるという

海外居住者のためには、自然老師のタブレットを通じて、LINEでライブ提唱・質疑も可能 

長井自然老師坐禅会摂心予定を見る太字


安穏寺所在地と連絡先、外観とアクセス

長井自然老師のお寺・安穏寺/仏子庵(ぶしあん) の写真はこちら→ https://ja.foursquare.com/v/安穏寺仏子庵/52b7b30611d2f3fdad965c21/photos
ブログ『仏子庵へ行こう』

【所在地】埼玉県入間市牛沢町15-12 仏子庵 ((安穏寺國際参禅道場)) 
 電話 042-965-9177 または 080-5466-4989

【アクセス】西武池袋線「仏子駅」(急行停車 池袋駅から49分) から1.4km 徒歩19分

仏子駅の北出口を出て、右(東)に向かい(左側にはコンビニ)、そのまま電車線新宿方向に沿ってしばらく歩き、西武線の線路を横断し、さらに道なりに進みます 圏央道の高架下をくぐってから、圏央道側道の自動車道を森坂を上がり、坂道を上がりきった所にある小さな郵便ポストのところを左に折れ、住宅街に入って、直進です 自動販売機を通過して、岐路を直進しすぐの左側です 

タクシーは仏子駅前(北出口)にタクシー会社があります 駅前にはコンビニ(ファミリーマート)やUFJ銀行ATMがあります 駅前以外お寺へ至る道にはコンビニなどは一切ありません お寺近くに自販機が一台あります (2018年8月現在)


 安穏寺国際参禅道場へのルートをGoogle Mapで見る
 https://tinyurl.com/route-to-bushian
route-to-bushian



下図  緑の星印が自販機です(2018年現在この近辺では一台だけです) 自販機を通り過ぎるとすぐに岐路があります。それを直進すると、道路左側に禅堂(Google Mapで安穏寺国際参禅道場と表記)があります。先程の岐路を黄色の点のように、左に行くと、安穏寺の本堂に行ってしまいます。

お寺の公表している住所である、入間市牛沢町15-12 をカーナビに入れると、この本堂に案内されてしまいます。

ただ、ここは外見本堂だと見えないし(失礼!)、参禅者はこちらには居ないので、初めての参禅者は、この本堂に行かずに、岐路を下図のように青い点に従って直進して、安穏寺国際参禅道場 に行って下さい。
annonjiandzendo

をご覧ください。


安穏寺国際参禅道場↓ 参禅者はここへお越し下さい。
annonjikokusaisanzendojo



安穏寺国際参禅道場への写真入り道案内

写真入りの道案内は、安穏寺国際参禅道場へ行くをご覧ください。

仏子駅から、約15分歩いたところ(かなり急な坂道を登りきったところ)にある小さな郵便ポストからの順路です。 a005bushian
a007bushian
a008bushian
a009bushian

この自販機の先が交差点です。牛沢町15-12 とナビに入れると、左折と指示されますが、
参禅者は赤い矢印のように直進して下さい。
a0010bushian

着きました。安穏寺国際参禅道場です。↓↓
a0011bushian







jinenroshiteatime
新着情報:世界どこでもsimカード無しで使えるスマートフォンを日本が開発・発売

SIMカード不要、世界100以上の国と地域でデータ通信できる世界スマホ「jetfon」登場

 jetfon のスペック はメモリ4GB  ROM64GB で39,800円とリーズナブル


translated by Shikka さん

Zen Master Jinen Zazenkai    2018 Schedule

e-book "Zen Master and Deciple Dharma Talks  Gikan Inoue and Jine Nagai "
(Japanes  transcription and voice) Some have links to English translation. 
e book Dharma talks 




Bushian Zazenkai 

date :   everyday ;  open for Zazen 
       
            sesshin (retreat)   15-21 , every month ;    Jly. 13 -16     Aug. 13 -16

venue   〒358-0051  15-12 Ushizawa-cho, Iruma city, Saitama Pref.

contact   
℡ 042-965-9177  080-5466-4989


Daily program (sesshin)

5:00am: Zazen    40min.×2 / Slow Walking 

6:30am:  Breakfast / Sutra Reading 

7:00am: Working  Zen 

8:00am: Tea , followed by Dharma Talk /Q&A

9:00am: Zazen   40min.×4 / Slow Walking 

12:00pm: Lunch / Sutra Reading 

12:30pm: Tea , followed by Dharma Talk /Q&A

2pm: Zazen    40min.×4 / Slow Walking 

5pm: Light dinner 

5:30pm: Tea , followed by Dharma Talk /Q&A

6:30pm: Zazen    40min.×2~3 / Slow Walking 

9.00pm: Lights out




Sinjyuku  Zazenkai 


date
     every Saturday (even numbered month  the 1st. Saturday  off)
        
           13:00~17:00  Zazen  40min.×3   /  Personal Guidance

fee  
   500 yen

quota   16

venue   the meeting room ,  Clio Sinjyuku Toyama Itibankan
            〒160-0022  7-3-35 Sinjyuku, Sinjyuku-ku, Tokyo

contact
  Mr. Kando Kaneko   Tel 080-4466-6934

reference HP    http://ken1amaneku.wixsite.com/annonjizazen



Everyday  Zen   in  Ikebukuro


date     
2018 
                      Aug, .11 18  at Shinjyuku  9-12
                      Sep. 1 ,8     IKE・Biz   9-12
                               15,22   at Shinjyuku  9-12


time   9:00 ~12:00

venue    1 
Toshima ward IKE・Biz Japanese -style room  
                 2-37-4  Nishiikebukuro, Toshima ward, Tokyo   ( 8 min. walk from Ikebukuro west entrance )
                 ℡ 03-3980-3131
                   
               2  (Clio Sinjyuku Toyama Itibankan the meeting room9:00~12:00
                                                〒160-0022  7-3-35 Sinjyuku, Sinjyuku-ku, Tokyo
                   Mr. Kando Kaneko   Tel 080-4466-6934 )

program  Zazen
                   Dharma talk by Master Jinen Nagai
                   Tea meeting and Q &A

contact  
Shinnyo Okubo
                  ℡ 042-98-9193    080-1106-8288




Azumino  Zazenkai

date  2018   The 4th Tue. Wed. Mrach,Jun.,Sep.
               
           The 1st. day 14:00~the 2nd. day 12:00


venue      Sotokuji
                〒399-8303  7137-4  Hodaka, Azumino city, Nagano Pref.

Contact   
 Mrs. Miwako Nomura  Tel 0263-81-5526

program
  The 1st. day;Zazen 2 shu(炷)The 2nd. day Zazen 3 shu(炷)      {1shu(炷)=40  min.}   



Fukushima   Zazenkai

Saturday Zazenkai      
The second &  forth Saturday      19:00 -21:00  (Taizan Osho)

Retreat
date even numbered month: Feb. Apr. Jun. Aug. Oct. Dec. 1st~7th (one week ) 
                                                  

venue
  〒 960-8057 24 Kayaba, Sasakino, Fukushima city, Fukushima Pref.                                                                            

Contact
  Mr. Taizan Abe   Tel 024-591-2827  Fax 024-591-4897                    


daily program(sesshin)   
 same as Bushian

5:00am: Zazen   40min.×2 / Slow Walking 

6:30am:  Breakfast / Sutra Reading 

7:00am: Working Zen

8:00am: Tea, followed by Dharma Talk /Q&A

9:00am: Zazen   40min.×4 / Slow Walking 

12:00pm: Lunch / Sutra Reading 

12:30pm: Tea, followed by Dharma Talk /Q&A

2pm: Zazen  40min.×4 / Slow Walking 

5pm: Light dinner 

5:30pm: Tea, followed by Dharma Talk /Q&A

6:30pm: Zazen  40min.×2~3 / Slow Walking 

9.00pm: Lights out




Fukujyuin Dharma Talk Zenkai


date  The 4th Thurs. Fri.     every month


venue  Fukujyuin(福寿院)
       〒405-0014    298 Kamiishimori,Yamanashi city, Yamanashi Pref.


contact   Tengai Eguti  Tel 0553-22-1400
                
                Bushian  042-965-9177


program

1st day

17:20~18:00 Zazen①   40min. 

18:20~18:50 Zazen②

19:00~Dharma Talk     

20:00: Tea, followed by Dharma Talk /Q&A

              dispersion

2nd day

5:20~6:00 Zazen①

6:00~6:50 Zazen②

7:00am: Mokusyoku (Breakfast)
       Working Zen

8:00am: Tea , followed by Dharma Talk /Q&A

9:00~9:40: Zazen③

9:50~10:30: Zazen④
         
           dispersion





Zazenkai in Australia

date  
 2018 

venue
 The Yoga Center in Brisbane 

contact
  Busian   042-965-9177

↑このページのトップヘ