座禅で悟り―オンライン神戸大阪京都静岡東京

坐禅修行で悟る―悟りを開いた人は現代にもいます 僧侶だけでなく一般人にも多いのです 本当の坐禅によって自己の真相が得られことを正師たちは教えておられます

座禅で悟り―オンライン神戸大阪京都静岡東京 イメージ画像

プロフィール

長井自然老師の師・井上義寛老師の生い立ちと大悟・身心脱落(さとり)の体験井上義寛いのうえぎかん 1935-2013 老師の大悟の体験です幼少時代昭和10年(1935年)、静岡県浜松生まれ 井上義衍老師次男として寺に生まる貧乏寺のため野山で食べ物を探す経験もする 長兄である哲玄
『100日間坐禅して、セミの声で悟りを開いた人:曹洞宗・井上義寛老師の生涯と悟り体験』の画像

座禅に初心者が無いわけ―東大出て僧侶になって悟った川上雪坦老師仏教といって別にあるものじゃないです、ですから、仏道を習うと云うは自己を習うなり、自己を習うと云うは自己を忘ずるなり。と云います、これだけ知ってりゃ他の知識はいらんです。ゆえに初心者ということ
『東大卒の数学教師が僧侶になって言った:坐禅修行には初心者なし』の画像

多忙な一流企業会社員が、離婚と元カノの死で無常を感じて毎朝30分の座禅に励んだ結果坐禅はいつも目を開いて行ないますサラリーマンの自信が崩れ、人生に無常を感じ、「無眼耳鼻舌身意」のことばに吸い込まれる大学を出て、教師を経て、東京で、一流企業の会社員となり、結
『毎日出勤前30分の坐禅を組んで2ヶ月後に見性(けんしょう)?したサラリーマン』の画像

雷を聞いて大悟した西山禾山は一生黒衣の僧侶 西山禾山(にしやま かざん、1838年-1917年(大正6年)) は江西山大法寺の18代住職 臨済宗の師家。現在の愛媛県八幡浜市穴井出身。 道号は禾山(かざん)、諱(いみな)は玄鼓(げんく) 禾山玄鼓(かざんげんく)※僧侶の名前は、道
『雷を聞いて大悟した本物の僧侶―高僧にならずに黒い衣で過ごす』の画像

長井自然老師とは坐禅は常に目を開いて行うべしー道元禅師長井自然老師プロフィールー在家時代、修行時代、住職昭和20年生 米国在住経験がある サラリーマンであった在家の時に伝説の巨匠・井上義衍(いのうえぎえん)老師について参禅 仏教の知識が全くなかったので、かえ
『長井自然老師 プロフィールー井上義衍老師,原田雪渓老師,井上義寛老師に参禅』の画像

↑このページのトップヘ