座禅で悟り―オンライン神戸大阪京都静岡東京

坐禅修行で悟る―悟りを開いた人は現代にもいます 僧侶だけでなく一般人にも多いのです 本当の坐禅によって自己の真相が得られことを正師たちは教えておられます

座禅で悟り―オンライン神戸大阪京都静岡東京 イメージ画像

禅の老師の言葉

悟りの境地とは、悟りとは何か・悟りの障害物とは・悟りに至るための修行方法 についての松本自證老師のことばを掲載松本自證老師は僧侶ではない在家の居士です 老師に師事して、修行を続け、ある夜、時計の音で自己を忘じる体験があり修行を全て終えられました ⇒ 『全員
『悟りを開くとどうなるのか―松本自證老師』の画像

悟後の修行なんて無いですよ。それは、悟りそこねたんです。井上老師系統の教え?どこかに井上系統とか書いてあるのを読んだことがありましたけれど、井上系統とかあるんですかね。お釈迦さんは「井上」ではないですよね、(会場笑)道元さんもたしか「井上」ではなかったと思
『「悟後の修行はないのが本当」と「井上系統」』の画像

①悟った人の喜怒哀楽はどうなるのか ②悟りの境地が消えてしまうことはないのか喜怒哀楽―ハッキリした人(悟っている人)とそうでない人の違いはどこにあるのですか悟った人は感情にとらわれない―のではない【問い】 ハッキリしていない(悟っていない)間は、喜怒哀楽にいつ
『悟った後のことは悟る前は決して分からない―松本自證老師:現代の悟った人』の画像

井上義衍老師 悟りの真相500年に一度と言われる悟りの体現者・井上義衍老師【質 問】 坐禅によって自己の問題を本当に解決された方は、これまで実際に居られたのですか。井上玄魯義衍老師:先ず第一に、私が居ります。釈尊や道元禅師など祖師方もそうでしたが、私自身それを
『お釈迦様(ブッダ)の悟りと禅修行者の悟りは同じです』の画像

悟りは求めてはいけないのでしょうか?祖師方は、求める心を捨てた時に悟りがおとずれるという意味のことをしばしば言われています。求める心が止んだ人を「無事の人」とも云います。ところがそれを誤解して途中で実質坐禅や修行を止めてしまう人が多く見られます。ある日の
『【質 問】悟りを求めること・悟りたいと思うことはいけないのか?』の画像

海外の坐禅会See here for Dharma Talks of Zen Master JinenSchedules Overseas定期的坐禅会アメリカ合衆国 オハイオ州 クリーブランド 毎日曜日10時から12時 伊藤周平堂長Organizer: Shuhei ItoGuided by Zen Master Jinen Nagai (Temple Annon International Zen Dojo
『Talks and Zazen with a Really Enlightened Zen Master Jinen Nagai Roshi from Japan』の画像

禅とは単を示すと書きますー松本自證師禅は単純を示すことです―思考・考えではないのです松本自證老師が修行中のこと すでにある程度の体験をされて修行が進んでいたようです隣の人が、「禅は難しい」というようなことを言いながら、松本氏に話しかけてきました。すると松
『禅は難解なのではなく、自分で難しく考えているだけです』の画像

東大卒の僧侶・川上雪担せったん老師の伝える坐禅の秘訣1坐禅がうまくできない理由ー自分で難しくしているだけ「坐ってね、なにかしらうまく行かないって、それたった今自分がそうやってるんです。みんな自分が作る、修行未熟の大悟徹底してないからじゃない、うんさかわんさ
『東大卒僧侶のことばー川上雪担せったん老師「坐禅がうまくできないんですが」』の画像

令和元年6月 長井自然老師神戸坐禅会長井自然老師神戸坐禅会が6月29日(土)30日(日)2日間連続で開催2019年長井自然老師のインタビュー記事が『サンガジャパン』に掲載されました左の写真は、サンガジャパン別冊5号のもの。これに自然老師のインタビュー記事が掲載されています
『長井自然老師坐禅会が神戸で令和元年6月29日30日 連続開催』の画像

三島の耕月寺・甲賀祐慈和尚摂心提唱 2019年1月東大卒のお坊さんである川上せったん老師のお弟子の甲賀祐慈和尚の耕月寺での提唱動画です坐禅(座禅)・仏教・否定しない・正身端坐が座禅じゃない19.1.18【耕月寺 甲賀祐慈師】接心提唱 正身端坐しょうしんたんざ 座相を整
『三島の耕月寺:甲賀祐慈師提唱:今の自分とは,自分は無いとは』の画像

【質 問】 坐禅をせずに気づく人がいますが、座禅はそれでも必要ですか?座禅の必要性,なぜ座禅するのか,日常での功夫(工夫)坐禅をせずに突如として気づく人もいるが、まずは坐禅をすべし環境のことはどうあったっていいです。雑踏や満員電車が坐禅に最適という人さへいます
『東大卒のお坊さんのことば(続々)ー川上せったん雪担老師「坐禅は必要ですか?」』の画像

東大卒の僧侶・川上雪担せったん老師の伝える坐禅の秘訣2坐禅のやり方・坐禅の秘訣「 座禅の方法はまったく単純なもので、心・意・識がさまざまに出る、妄想です、その内容によらない、どんないい考えもわるい考えもです、それをそのまま手つがずにしておくんです。 手を付

間違えやすい修行のポイントー原田雪渓老師「今からは、坐禅だ、功夫だ、なんだかんだとごたごたお考えにならずに、本当に葛藤にまかせ、雑念のままにまかせて、一切手をつけずにお坐りください。」―原田雪渓老師修行とは、現在の自分を修行して完成させることではない「間
『原田雪渓老師のことばー自分を変える努力をするのは誤り,雑念をなくそうとしないこと』の画像

人間死ぬとどうなるか―「坐禅を本当に、なさると、生死じゃなんていう問題は、皆なふっとんでしまうんです。何じゃ、そうか。死ぬるて、鼻かむようなもので、それ程、はっきりしたものが、皆なの手に入るんです。」―井上義衍『無相伝光録』p.421座禅が座禅になるのは一瞬で
『【質 問】人間は死ぬとどうなるのか気になります』の画像

↑このページのトップヘ