座禅で悟り―神戸大阪京都静岡東京

坐禅修行で悟る―悟りを開いた人は現代にもいます 僧侶だけでなく一般人にも多いのです 本当の坐禅によって自己の真相が得られことを正師たちは教えておられます

座禅で悟り―神戸大阪京都静岡東京 イメージ画像

川上雪担

悟後の修行なんて無いですよ。それは、悟りそこねたんです。井上老師系統の教え?どこかに井上系統とか書いてあるのを読んだことがありましたけれど、井上系統とかあるんですかね。お釈迦さんは「井上」ではないですよね、(会場笑)道元さんもたしか「井上」ではなかったと思
『「悟後の修行はないのが本当」と「井上系統」』の画像

東大卒の僧侶・川上雪担せったん老師の伝える坐禅の秘訣1坐禅がうまくできない理由ー自分で難しくしているだけ「坐ってね、なにかしらうまく行かないって、それたった今自分がそうやってるんです。みんな自分が作る、修行未熟の大悟徹底してないからじゃない、うんさかわんさ
『東大卒僧侶のことばー川上雪担せったん老師「坐禅がうまくできないんですが」』の画像

仏教がない・坐禅 玖延寺きゅうえんじ 浜松市天竜区Youtube動画の画質や速度は変更可能ですYouTube動画は、右下の歯車 (YouTubeのロゴのすぐ左にあり)  を使うと、画質の調整再生速度などを変えることができます。動画を止めている状態では、歯車は出ません。画質を144pや2
『動画―浜松の玖延寺接心』の画像

 三島の耕月寺の堂頭老師は、新潟東山寺の川上雪担老師 (東大卒の破天荒な?僧侶) のお弟子さんです 大学卒業後に正式な弟子として入門されたようです。三島の耕月寺・甲賀祐慈師の修行時代  自伝が耕月寺のサイトにあります。それを素にした記事です。祐慈和尚、雪担老師
『午前3時に起きて自主的に坐禅をしていた男ー川上雪担老師のお弟子』の画像

【質 問】 坐禅をせずに気づく人がいますが、座禅はそれでも必要ですか?座禅の必要性,なぜ座禅するのか,日常での功夫(工夫)坐禅をせずに突如として気づく人もいるが、まずは坐禅をすべし環境のことはどうあったっていいです。雑踏や満員電車が坐禅に最適という人さへいます
『東大卒のお坊さんのことば(続々)ー川上せったん雪担老師「坐禅は必要ですか?」』の画像

修行僧達はとにかくよく坐禅をしたー井上義衍老師の玉ねぎ僧堂玉ねぎ僧堂とは、托鉢に行って道端に玉葱が一個落ちていたので、それを食料として修行僧たちで分け合ったことに由来する。 浜松の井上義衍老師のお寺のこと。以下は、川上雪担老師『雲水日記四』からの引用です
『3日間坐禅し続けた修行僧ー井上義衍老師の会下の雲水達』の画像

坐禅し続けて身体が消えた雲水ーしかし。。。以下は、川上雪担老師の『雲水日記』 http://www17.plala.or.jp/tozanji/unsuinikki3.htmlからの抜粋です長井自然老師の自分の身体がある、自分の心がある というのは思考・考えの作り事に過ぎないを読む・動画で学ぶ身体が消え
『トイレの時間にも坐禅し続けて身体が消えた修行僧』の画像

川上雪担老師のプロフィールを訂正します 川上雪担老師のプロフィール文章中で、雪担老師が発心寺専門僧堂を抜け出て、浜松龍泉寺の井上義衍老師のところに行かれた後、それを追って、蜂須賀雪渓和尚(のちの原田雪渓老師)が、僧堂を出てやはり井上義衍老師のところに修行に行
『訂正:川上雪担和尚在錫の時の発心寺専門僧堂の蜂須賀(原田)雪渓和尚』の画像

坐禅と瞑想の違い―坐禅は忘我座禅と瞑想と、どうせ同一人がするんだから、どっちもどおってことないんだけど、これ目的がまるっきり違うって、区別しといた方がいいです。瞑想はそうしている自分を認めている、ということです、あるいはほとんど忘我もどっかで有心のもので
『座禅と瞑想の違いー川上雪担老師とその語録』の画像

↑このページのトップヘ