座禅で悟り―神戸大阪京都静岡東京

坐禅修行で悟る―悟りを開いた人は現代にもいます 僧侶だけでなく一般人にも多いのです 本当の坐禅によって自己の真相が得られことを正師たちは教えておられます

座禅で悟り―神戸大阪京都静岡東京 イメージ画像

新潟東山寺

 三島の耕月寺の堂頭老師は、新潟東山寺の川上雪担老師 (東大卒の破天荒な?僧侶) のお弟子さんです 大学卒業後に正式な弟子として入門されたようです。三島の耕月寺・甲賀祐慈師の修行時代  自伝が耕月寺のサイトにあります。それを素にした記事です。祐慈和尚、雪担老師
『午前3時に起きて自主的に坐禅をしていた男ー川上雪担老師のお弟子』の画像

修行僧達はとにかくよく坐禅をしたー井上義衍老師の玉ねぎ僧堂玉ねぎ僧堂とは、托鉢に行って道端に玉葱が一個落ちていたので、それを食料として修行僧たちで分け合ったことに由来する。 浜松の井上義衍老師のお寺のこと。以下は、川上雪担老師『雲水日記四』からの引用です
『3日間坐禅し続けた修行僧ー井上義衍老師の会下の雲水達』の画像

↑このページのトップヘ