坐禅と意根と意根を断つ

下の動画の最初の5分は決着していない人(悟っていない人)に坐禅を教わる(習う)とどうなるかを話されているのでそこも重要です。


意の働きが弱まるというのはどういうことなのか と その誤解
考えが続いていることと意の働きが弱まっていないこととは異なる(10分頃)
意の働きが弱まっている≠考えがあまり生じないor 考えが続かない 

坐禅によって意の働きが弱まっている場合、坐禅が終わったら(坐禅していない時)どうなるのか

重要だと言われている動画です


動画の話し手のサラリーマン「しみP」さんのプロフィール

1969年生 北海道出身、現在千葉県在住の妻子ありサラリーマン。
スピリチュアルの世界で20数年以上遍歴して、ついに禅に出会う。
井上哲玄老師のyoutube動画を経て、井上貫道老師、長井自然老師に会い、井上貫道老師の弟子で、悟られている松本自證老師にのみ参禅を続ける
修行開始のわずか3年後の2019年8月に悟り(決着し)て、松本自證老師に認められる
 松本自證老師とは⇒ http://zazenkyoto.blog.jp/archives/29143767.html

多忙なサラリーマン生活の傍ら、独参を繰り返し、「正しく」坐禅することに専念して、坐禅会に通うものの一度も接心に行くことなく悟られた人
接心に参加されたことがないわけで、正しく坐れるようになることがどれだけ大切なのかを立証されている
その後、会社員を続けながら、産業カウンセラーの資格取得

サラリーマンしみPさんのウェブサイト

 https://www.the-road-of-zen.com/
    
    https://www.the-road-of-zen.com/profile-2 (プロフィール)

また質問箱で広く匿名の質問を受け、またネット(ZoomとLine)で独参されている ツイッターは、https://twitter.com/shtakakunjp