マ◯ー・◯レサは聖人どころか、スパイ活動をし子供の人◯売買にまで関わった悪人ーこの様に世の中は見事にだまされる



ア◯ンサン◯ーチーは、麻薬取引と未成年者人◯売買の元締めだった
210618mothertelesa
今回のこの記事は「◯の伏せ字を使っているけど、この記事は明らかに個人攻撃ではないの?」「仮に本当だとしても、亡くなった人を今更暴露しなくても良いのではないのか?」
などと思われるかも知れません。
「いえ、これは世界中で行なわれている大犯罪につながることなので書かざるを得ないのです」


マ◯ー・◯レサの件は、一つの例で、下にリンクを貼っているように、秀吉時代のフランシスコ・ザビエルの時から、そして令和の現代に至るまで続いている巨悪と何十万人という幼い子供たちに対する残酷極まりない事件(報道されていません)に関わるからです。
善人の顔をした人々、人に役に立つ福祉施設、国際機関、子供が楽しむテーマパーク、そして◯ーマ◯皇などの宗教人、そしてハリウッドスター、日本の芸能界、もちろん米国(日本も?)政府首脳陣が関わっている前代未聞の悪事に繋がるからです。


次回の記事は、『キュリー夫人は原爆ビジネス、野口英世は医療ビジネスのための役作りだったという話、明治維新の英雄は嘘の話 江戸幕府は悪くなかった』
キュリー夫人、ノーベル賞はプロパガンダ 世界の民衆の洗脳の開始 (動画が、キュリー夫人の伝記をみんな読んだのか というところから(途中から)始まります)
CO2削減はプロパガンダに過ぎない お金儲けのために考えられている


間もなく、世界で悪巧みを続けてきた一族が続々逮捕されていることが明るみに出ます すでに大物は逮捕されています[日本は昨年奇妙なお葬式がありましたよ] 日本の芸能界も引退が相次いでいますね
報道機関(TV・大手新聞)が完全にその一族の支配下にある(お金と権力で支配されている)ので今はそのことはほぼ報道されていません ただし陰謀論ではありません

米国ワ◯チ◯パス◯ート導入見送る、イスラエルはワ◯チ◯パス◯ート廃止

ワ◯チ◯・パスポートが米国内の旅行で、一般に受け入れられることは今のところなさそうだ。アラバマ州、アリゾナ州、フロリダ州、ジョージア州などいくつかの州は禁止している。米国初となる行政府発行のワ◯チ◯・パスポートである、ニューヨーク州の「エクセルシオール・パス(Excelsior Pass)」は100万回以上ダウンロードされた。しかしその数は、ワ◯チ◯接種を受けたおよそ900万人と比べるとほんの一部にすぎない。大多数の企業もまだ利用していない。

パスポートを先行導入した国も、廃止に向かいつつある。イスラエルは早くからワ◯チ◯パス◯ートを開始した国の一国だった。「グリーン・パス」はワ◯チ◯を接種済みであることを証明できる人に、レストランやスポーツイベントへの入場を許可することを狙ったものだ。しかしイスラエル全国でワ◯チ◯接種が進み、国内の新型コロナウイルス感染者数は2桁まで下がっている。イスラエルはすべての人の行動を完全に開放する方向に動いており、今週この証明書を廃止した


あなたは、今何かに騙されていませんか?
「日本人が知らない日本の本当の姿」という記事を読む




また削除されました。根拠のあるしっかりとした動画をアップするとすぐに削除されるのはなぜでしょうか?
今回のは他ならぬファイ◯ー社自身が出している、ワ◯チ◯についての副反応の件ですよ。なのになぜ?
日本国民に知られたくないのでしょうか?

ファイ◯ーやNIHのサイトに書いてあるように、2023年まで治験中のワ◯チ◯です。
ファイ◯ー 第1回治験 2020年4月29日-2021年11月2日最終治験 2023年5月2日モデ◯ナ治験期間:2020年7月27日-2022年10月27日


ファイ◯ーからの英文報告書を読み解いた動画です。
珍しい内容ですので、必見です。削除されていたのですが、You Tubeではないところに見つけました
↓↓
見つけました 削除されたファイ◯ーの文書146ページの厚さの解説動画↓↓
https://odysee.com/@jimakudaio:9/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E8%AD%A6%E5%91%8A%EF%BC%81-%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%90%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%99%82%E6%B3%95%E5%A3%AB-%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%80%91:f
を見つけました。↑↑ これが削除された動画です↑↑ 

-------------------
ファイ◯ー社自身が文書で警告しているワ◯チ◯の内容を英語の原文から読み解く動画です

コメントより:
「ブリティッシュ航空パイロットがワ◯チ◯接種後7日以内に4名死亡。血栓リスクは明らか。ワ◯チ◯パスどころかワ◯チ◯接種ストップしなければ!ANAとJAL怖くて乗れません。」


この動画のコメントより:抗がん剤は小児ガンと血液のガンその他非常にわずかな例外を除いて、まるで効果がないどころかそれ自体が発がん性を持ち、免疫力を破壊する悪魔の医薬であるという見方を近藤誠医師が提唱しているが、非常に説得力がある。これも抗がん剤が超高価で銭儲けしやすいという側面がある。ワ◯チンもそう。

日本は人身取引大国だった!

    日本は人身取引大国だった! という記事を読む



マ◯ー・◯レサに対する批判


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%89%B9%E5%88%A4



マ◯ー・◯レサは◯チカン (◯ーマ◯皇庁) の“広告塔”

彼女は生前、悪名高き独裁者と親交があった。ハイチのジャン・クロード・デュヴァリエ(マ◯ー・◯レサに1981年、レジオンドヌール勲章を授与した)と、アルバニアのエンヴェル・ホッジャ労働党第1書記だ。

マ◯ー・◯レサ、実は奇跡を捏造、黒い人脈も… 聖人の“知られざる素顔”に大ショック!
       
 昨年、◯チカンが“聖人”と認めた7人のうちの1人が、有名な“コルカタの聖◯レサ”ことマ◯ー・◯レサである。聖人に認定されるまでの“審査期間”は没後200年近くかかることも珍しくない中、マ◯ー・◯レサは没後たった20年で聖人認定されるという“超スピード出世”ぶりも話題になった。


■今明かされるマ◯ー・◯レサの別の顔!

bookonmotherteresatenten
書籍:聖女か黒女か 教科書に載らないマザー・テレサの真実【世界の闇】【都市伝説】【情報操作】

 主にインドでの長期間にわたる献身的な活動によって、1979年にノーベル平和賞を受賞した高名な宗教的指導者であるマ◯ー・◯レサは間違いなく世界で最も畏敬の念を抱かせる女性の1人だが、一方で最近になってその功績と言動に疑問の声が上がりはじめている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/08/post_14263.html 】

 1995年にマ◯ー・◯レサの慈善活動を批判する著書『The Missionary Position: Mother Teresa in Theory and Practice』を出版した故クリストファー・ヒッチェンズ氏の指摘が今あらためて注目を浴びている。

 本著は世界的な偉人として尊敬を集めるマ◯ー・◯レサの世に知られていない別の顔について世界で初めて本格的に伝えた内容で、出版当時は大きな反響を呼び、内容に対する非難の声が世界中から沸き起こった。
 本書はマ◯ー・◯レサに対する世の一般的なイメージに異を唱え、実際の彼女のパーソナリティーは実に偏狭で、慈善活動家としては大いに疑問となる“黒い人脈”を持ち、寄付金集めに奔走する人物として描かれている。

 歴史的な偉人を汚す行為であるとして本著は各方面から批判されたが、興味深いことに◯チカン本体や、マ◯ー・◯レサ財団(Mother Teresa Foundation)からの正式な異議申し立てはこれまで一切なされていない。

 著者のクリストファー・ヒッチェンズ氏は2011年に62歳の若さで亡くなったこともあり、マ◯ー・◯レサの功罪についてはあまり厳しい追求を受けることなく収束するかに思えたのだが、意外な形で事態は2013年に動きを見せることになる。

 2013年にカナダのモントリオール大学とオタワ大学の研究チームが、マ◯ー・◯レサに関する287の文書を精査して、世に伝えられている彼女の“奇跡”は科学的に解明できることを指摘し、総じて彼女は◯チカンの“広告塔”であったことを示唆する論文を発表したのである。

 この論文が契機となって、再びヒッチェンズ氏の主張が注目を集めることになった。ではヒッチェンズ氏が著書の中で指摘したマ◯ー・◯レサの“グレーな部分”を以下に紹介したい。


1. マ◯ー・◯レサは総じて患者に対する医療ケアを受けさせなかった

 世界100カ国で貧しい人々のために献身的に活動し517のミッションを成し遂げたマ◯ー・◯レサだが、重篤の患者に対しては、自宅で安らかに臨終の時を迎えることを推奨していた。したがって基本的に患者を病院に送ろうとはしなかったといわれている。

 調査によれば、マ◯ー・◯レサに助けを求めた病気の貧しい者の3分の2は医療ケアを希望していたのだが、施設に引き取った者の3分の1は適切な医療処置が行われないことで死亡していたということだ。



2. 疑わしい人物から資金の提供を受けており、その金は慈善活動に使われていなかった

 マ◯ー・◯レサは惜しみなく人々に祈りを捧げていたが、話が財団のことになるとお金に対して吝嗇家であったといわれている。

 インドの大規模な洪水やインド史上最悪の化学工場事故であるボパール化学工場事故の被害に対しても、数え切れない祈りを捧げて多くの修道女を現地に派遣し、被災者に聖母マリアのお守りを配ったというが、資金面での援助は何もしなかったといわれている。


3. “黒い人脈”と財団の秘密の銀行口座 死後84億円(48億円?)を保有していた

 また慈善活動家らしからぬ“黒い人脈”も問題視されている。ハイチの右翼独裁者ジャン・クロード・デュヴァリエからレジオンドヌール勲章を授与されると共に献金を受け取っている。

 財団はいくつもの秘密の銀行口座を持っているといわれ、そこにある資金は発覚を恐れてのことなのか、慈善活動に使われることはなかったという。


マ◯ー◯レサの怖い素顔が明らかに! 「洗脳看護」「カルト施設」、その実態とは!?




子供の人◯売買に関わったマ◯ー◯レサ

motherteresajinshinbyebye

マザーテレサは人◯売買をしていた

https://ameblo.jp/white-lilac719/entry-12614872772.html



「世界的ネットワークで行われて来た人◯売買」という、この世界的犯罪の事実を知れば知るほど、つまりこの関係性から窺える事は、

 「マ◯ー◯レサが首謀者となり、裏で子供の性的人◯売買に関与していた」という事です。
(◯チカン=イエズス会主導の人◯売買は、秀吉の時代からあったのです キリスト教イエズス会宣教師から「日本人の奴隷化」を食い止めた豊臣秀吉の大英断、被害者の数は5万人 などの参考記事をこのページの最下部に紹介しています)


私はマ◯ー◯レサのこうした黒い噂に関しては、かなり以前から知っておりましたが、こうした事実をまだご存知ない方の方が多い様なので、


今回は、日本では未だ美化され続けている「マ◯ー◯レサの真実」に付いて書かれた記事をご紹介させて頂こうと思います。
奇跡といえば、◯チカンは、「マ◯ー・◯レサは、ひどい腹痛に苦しむモニカ・ベスラという若いインド人女性の腹部に、宗教的なメダルを置き、祈ったことで治癒した」とし、マ◯ー・◯レサの奇跡として伝えている。しかし、医師は、「モニカが患っていた卵巣嚢腫と結核は、投与された薬により治癒したのだ」と証言しており、これを否定。それでも、◯チカンは「奇跡だ」と主張し続け、多くの人々を騙しているという。


なお、マ◯ー・◯レサは晩年心臓病を患い、ペースメーカーを入れる手術などを受けていたが、自身は衛生的で設備が整った近代的なアメリカの病院で、痛みを和らげる麻酔薬を投与されながらの治療を受けていた。まさしく、聖人からは程遠い人間だったというのである。


マ◯ー・◯レサは聖人ではない、うさんくさい人間だという意見は、実は昔から出ていた。2年前に62歳の若さで食道がんでこの世を去った無神論者のジャーナリスト、クリストファー・ヒッチンズは、長年、マ◯ー・◯レサはとんでもない食わせ者だと主張し続け、それに関する本まで発行。


「彼女が世界中から集めた寄付金を使えば、ベンガルにファーストクラスの病院を建てることだってたやすいことだった。しかし、彼女はそうせず、衛生状態の悪い、あまりにもひど施設に患者を収容し、ろくに治療を施さなかった。痛みを和らげるなど嘘だ。死ぬこと、痛みに耐えることを賛美する、まさしくカルトのような施設だったのだ」

https://ameblo.jp/white-lilac719/entry-12614872772.html  より

マ◯ー・◯レサは、◯チカンに1億ドルから1億5千万ドルで赤ん坊を販売していたようです。
たとえば、インドで売られた6カ月の男児は、5万ルピー(約7万円)の値がついていたという。


マ◯ー・◯レサは聖人でないどころか、罪のない子供たちの人◯売買をしていた悪党でした。

わたしも、マザーテレサは一度も凄いとは思ったことはないですが、まさか人◯売買に関わっていたとは思っていませんでした。


この様に、世の中は見事に騙されるということです。


今世の中をころっと騙しているのが、だれも発見したことのない567と死亡や副反応がいっぱいのワ◯チ◯です。
※新型567ウィルスの存在を証明したという論文はまだ全世界に存在していなのです。無症状者から感染するという事実もありません。そういう論文はありません。
おかしいですね。インフルエンザがパタっとなくなり、花粉症も激減。


「日本人が知らない日本の本当の姿」という記事を読む


日本人弱体化政策が着々と進む


元自衛隊、民間機元パイロットの石濱氏によると、
「日本の政治家は一人もワ◯チ◯接種していない」と(令和2年12月9日の官報号外第256号の、第七条の第4項に政治家や官僚が接種しなくて良い法律を設けてある)
それって、ワ◯チ◯が危険だということを政治家が認識しているってことですか?

しかも
東京都のある区の接種担当者はC国人、墨田区の保健所の担当もC国人
とのことである。上記石濱氏動画より







次から次へと動画が削除されますね。
絶対裏の力が働いていますね。

秀吉の時代からイエ◯ス会=ローマ◯皇が人◯売買をしていた

キリスト教イエズス会宣教師から「日本人の奴隷化」を食い止めた豊臣秀吉の大英断、被害者の数はなんと5万人


    という記事を読む 

ここではキリスト教信者の方をディスっているのでありません。
キリスト教、カトリックなどの名目を借りてキリストの教えに反する卑劣な犯罪を犯す集団・組織があった、今もある ということです。
つい昨年、◯チカン(◯ーマ◯皇庁)がまた逮捕されて処刑されたようです。

(日本の主要メディアは◯ーマ◯皇の子供への性的虐待や誘拐について全く報道しません 日本でも行なわれているからです それに気づかれたくないからです)

全世界で行なわれている少年少女誘拐の大本山だったということです。
地下では密かに悪魔崇拝が行なわれていたとも言われています。
現代にも悪魔崇拝をする人々が宗教界を中心に居るのです。


その詳しい犯罪内容は、2021年に徐々に明らかにされるでしょう。



 「日本人奴隷は神の恩寵」秀吉の逆鱗に触れたキリスト教イエズス会
    という記事を読む 

              という記事を読む



 https://www.google.com/search?newwindow=1&rlz=1C1AVNC_enJP598JP598&sxsrf=ALeKk01bXT_CbOuA4qguPAx-LAMxgHUjSw:1623827392442&q=%E4%B8%AD%E6%9B%BD%E6%A0%B9%E9%A6%96%E7%9B%B8+%E8%91%AC%E5%84%80+%E8%AC%8E&spell=1&sa=X&ved=2ahUKEwj8pJy3zJvxAhVgUPUHHT3eAx4QBSgAegQIARA1&biw=1775&bih=885

上記記事に全く関係ないですが、
210621izoku
中国の彝族(いぞく):チベットから移動してきたとされるチャン族の1つ。チャン族はチベット族とは異なる。現在は、四川省の山奥や雲南省に多いとされる。言語やDNAが日本人に近いと言われている。
古代ユダヤ人に特徴的なYAP遺伝子のD系統を持つのが、彝族を含むチャン族や日本人。
210621彝族(いぞく)
衣装のデザインが素晴らしいですね。
彝族(いぞく)の人口は、おおよそ658万人です。
多いですね。
横浜市373万人と大阪市269万人の合計くらいですね。
CCPが漢化政策とか民族浄化とかやっていなければ良いですが。